メニュー

男性必見!結婚式に出席する際の服装のマナー

基本はブラックスーツかダークスーツ

男性が結婚式に出席する場合、ブラックスーツやダークスーツを着るのが基本です。ただし、ブラックスーツの方が準礼服に相当する格の高い服装です。ですから、新郎・新婦の親族や上司などはブラックスーツの方がオススメですね。同僚や友人、親族の中でも若い方は濃紺のダークスーツで問題ありません。それと黒ければブラックスーツという訳ではないので注意しましょう。礼服用のブラックスーツはビジネススーツの黒に比べて濃いのが特徴です。

ワイシャツは白が基本

男性が結婚式に出席する時のワイシャツの色は白が基本です。上司の結婚式や格式の高い式場での結婚式などでは、無地の白にした方が無難です。カジュアルな披露宴や同僚・友人の立場であれば、パステルカラーなどの薄い色合いのシャツなら許容されるかもしれません。柄は無地が基本ですが、遠目には無地にしか見えない薄い柄の入ったシャツなら問題ありません。また、織柄の入ったシャツを着用するのもオシャレです。無理にパステルカラーのシャツを着るより、手軽に個性を演出できますよ。

黒ネクタイはマナー違反

一昔前までは結婚式で着用するネクタイといえば、白無地が定番でした。しかし、最近は色付きのネクタイで華やかさを演出する人が増えています。とは言え、流石に黒のネクタイはマナー違反です。仮に柄の入っている黒ネクタイでもマナー違反なので注意しましょうね。様々なネクタイを着用する人が増えたとはいえ、余りに派手な柄は避けましょう。シルバーやライトグレーが無難ですが、パステルカラーもオススメですよ。柄物は年配の方からは余り好まれないので、無地にするか柄の薄いタイプにするのが無難です。

福岡の結婚式場を賢く選ぶには、様々なプランの料金体系やスタッフの対応の良しあしに目を向けることがポイントなります。